Nexus 7活用ガイドTOP > Nexusタブレットのラインアップ > Nexus 7(2012年モデル)の特徴

Nexus 7(2012年モデル)の特徴

Nexus 7(2012年モデル)は、7インチ液晶を搭載したコンパクトタブレット。

このNexus 7が発売になるまで、タブレット市場はアップルのiPadの独壇場でしたが、Nexus 7の登場により、Andoroidタブレットも大きなシェアを獲得するに至りました。その要因は次のとおり。

  • OSとして搭載しているAndoroidの開発元であるGoogleが提供するタブレットということで、OSとの親和性が高い
  • それまでは10インチ液晶クラスのタブレットがほとんどだったが、7インチ液晶を搭載することでコンパクトになり持ち運びしやすかった
  • 価格が約2万円と低めに設定されており、コストパフォーマンスが高い

個人的には、このスペックで約2万円という、低価格戦略が受けたと思いますね。iPadは高機能だが高価格。ちょっと手が出しづらい、という人にとっては魅力的な代替製品です。

こうした戦略が取れるのも、Googleが提供するタブレットだからこそ。Nexus 7が売れれば売れるほど、Google Playからのアプリの売上が増えることになり、Googleの売上が増えることになります。

【Nexus 7(2012年モデル)のスペック】
  Nexus 7
(2012年モデル)
OS Android 4.2.2
CPU NVIDIA Tegra 3
メモリ 1GB
ディスプレイ 7インチIPS
PPI 216
解像度 1280×800
ストレージ 8/16/32GB
通信 3G版(オプション)
WiFi 802.11/b/g/n
Bluetooth 3.0
前面カメラ 1.2メガピクセル
背面カメラ -
ポート microUSB
スピーカー モノラル
重量 340g(WiFiモデル)
347g(3Gモデル)
サイズ 198.5 x 120 x 10.45 mm

2013年7月に次のモデルNexus 7(2013年モデル)が発表になりました。多くの項目で機能向上が図られており、さらに魅力的なモデルになっています。詳しくは、「New Nexus 7の特徴」を参照してください。

New Nexus 7(2013年モデル)レビュー

Nexus 7(2013年モデル)を購入しました。特徴、使い勝手などについて解説します。詳しくは、New Nexus 7(2013年モデル)レビューをチェックしてください。

New Nexus 7レビューNew Nexus 7レビューNew Nexus 7レビューNew Nexus 7レビュー
【関連記事】